国債発行上限80兆円が撤廃されました。

【皆さんに朗報です】
国債発行上限80兆円が撤廃されました。
無制限に国債発行が可能になったという事です。
これにより皆さんの手元に必要な資金が届くことになります。
大枠は上記の通り準備がととのいました。
これからは各論を詰めていくことになりますが、
その多くの各論の中の有効な手段の一つが
永久劣後ローンの実施、になります。
聞き慣れない劣後ローンですが
このローンのメリットは
1、返済はいつでも良い
2、返済期限はない
3、返済したいときにすれば良い
4、このローンは負債にならず資本の部に計上されるので、借入しても債務超過にならない。
5、債務超過にならないので、金融機関も貸し出し時に貸倒引当金を積み立てる必要がなく、貸し出ししやすくなった。
6、もし返済できなくても金融機関に損害は発生しない
などなど
デメリットもあります。
1、金利が市場よりも高い(おそらく2%から4%)
2、返済が終わるまで50年経とうとも金利を払わなければならない
などなど
この全国の莫大な資金は、なんなく国債で賄えます。
金利で返済と経済活動により納税しますので、数十年足らずでこの発行された国債は消えてなくなります。
今を乗り切れば、なんとかなります。
営業自粛等により、この先の売上見込みがなく、発生する家賃が重しになっている方、
イベント等がなくなり、経営環境がガラリと変わってしまった方、
このまま続けても赤字が増えるだけなので、そうなる前に事業をやめようと考えている方、
光が見えてくるかもしれません。
熟練工、技能工、スキル、経験、ノウハウが日本からなくなるのは、日本にとって大損害です。

お知らせの一覧